2017年12月14日木曜日

渡辺保の劇評 2017年12月 国立劇場

ここからがいよいよ吉右衛門が本領を発揮する。今回の見どころである。  長吉を追っかけて来た長五郎を、由兵衛が追い払って長吉の窮地を救う。そ の長吉が百両の金を持っていると知って、今宵に迫る小三身請けの後金百両が 欲しい由兵衛が長吉にその金を借してくれと頼む。ここが吉右衛門はうまい。 この男は侠客々々といってプライドを持っているが、実は小心なのである。(2017年12月国立劇場)

ブログ アーカイブ