2017年12月1日金曜日

玉三郎が語る大阪松竹座「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」

この公演で玉三郎とともに踊るのが壱太郎。大人になったという思いが強くなったと言う玉三郎は、「ゆだねられるところもあり、頼れるところもあって、私もありがたい」と言います。日頃から教えを乞いに来る壱太郎については、「たいへん勉強家。関西の味が強い」との印象。一昨年の6月博多座の『芸道一代男』では、「裾をからげて芝居をしているときに足元がとてもきれいで、かなり踊りの勉強をしているだろうと思いました。きちっとなさっていたのが、うれしかった」と語りました。(玉三郎が語る大阪松竹座「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

ブログ アーカイブ