2018年1月3日水曜日

「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」で幕を開けた大阪松竹座の新年

壱太郎は『鷺娘』で、玉三郎にたくさんの教えを仰ぎ、感謝するとともに、玉三郎が踊りはもちろんのこと、「舞台面、大道具、照明、衣裳、…たくさんの気を配っておつくりになられていることを目の当たりにいたしまして、そのお姿がたいへん勉強になりました」と明かしました。それを受けて玉三郎は、「演奏に支えられての舞踊公演。大勢の人たちに支えられておりますのが、この歌舞伎の華やかな舞台。御礼申し上げます」と、歌舞伎の舞台に対する真摯な姿勢をかいま見せ、年初にふさわしいきりりと引き締まった幕開きとなりました。(「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」で幕を開けた大阪松竹座の新年 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

ブログ アーカイブ