2018年1月15日月曜日

石井啓夫の劇評 2018年1月 歌舞伎座

新幸四郎の弁慶。眼光、声量に肝(たん)が入った。叔父、中村吉右衛門が常より峻烈な富樫(とがし)を見せ気圧(けお)され気味も、余計な動きを封じ知勇あふれる作りで対応、進行形の新弁慶を感じさせた。新染五郎は初役の義経。美しく気品漂う見ほれる貴公子像。(【鑑賞眼】歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」 高麗屋3代襲名で幕開け(2/2ページ) - 産経ニュース)

ブログ アーカイブ