2018年1月18日木曜日

小玉祥子の劇評 2018年1月 国立劇場

菊之助はすがすがしい若武者ぶりで、判官にうってつけ。序幕の「横山館」で、馬を操っての碁盤乗りも鮮やか。右近は哀れさとけなげさを出した。菊五郎は要所に登場し、巨悪らしいすごみを発揮した。(歌舞伎:「世界花小栗判官」 菊之助、鮮やかに=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

ブログ アーカイブ