2018年2月13日火曜日

雀右衛門が語る『男女道成寺』

『道成寺』の魅力は、「曲の素晴らしさと、女心の変化を表現した、芝居も踊りも含まれた大曲であること。歌舞伎俳優なら舞、踊り、芝居の三要素がないといけない、と二代目松緑の伯父は言っておりましたが、その三要素を十分に生かし切って踊らないといけないものだと思います」。
華やかに踊ったり、きっちり踊ったり、色っぽく踊ったりと、踊り方に変化をつけることを教えてくれました」。(雀右衛門が語る『男女道成寺』 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
追善にふさわしい踊です。華やかで艷やかで、先代ゆずりの京屋の道成寺を期待します。

ブログ アーカイブ