2018年2月16日金曜日

矢内賢二の劇評 2918年2月 歌舞伎座

夜の部「熊谷陣屋(くまがいじんや)」は、二枚目の印象の強い幸四郎の熊谷がくっきりと線の太い豪快さ、重厚さを見せる。幸四郎はこの二カ月の襲名披露狂言で幅広い役柄の可能性を示し、これからの進化・成熟が大いに楽しみ。尾上菊五郎の義経は品格と柔らかさが無類。中村魁春の相模がまことに貴重な古風さで、雀右衛門の藤の方、市川左団次の弥陀六とそろって、これも充実の大舞台。中村芝翫が梶原、中村鴈治郎が堤軍次に出て襲名に華を添える。(東京新聞:<評>幸四郎の進化に期待 歌舞伎座「二月大歌舞伎」:伝統芸能(TOKYO Web))
線の太い役はニンではないように思っていましたが、この襲名で変わりました。良い変化です。今後が楽しみです。