2018年2月2日金曜日

染五郎「実感まだ少ない」 襲名興行、掛け声にうれしさ

現在十二歳、身長は約一六五センチ。将来最も演じたい役は「勧進帳」の弁慶と言い、高麗屋の芸を継承すると共に「どんな役でも演じられる役者になりたい」と意気込む。  一月の「勧進帳」では観客の歓声がうれしかったと笑顔を見せる。「『八代目!』や『染高麗(そめこうらい)!』という掛け声を聞いて、もう染五郎なんだ、いつか完成した染五郎をお見せしたい、という気持ちが湧き上がりました」(東京新聞:染五郎「実感まだ少ない」 襲名興行、掛け声にうれしさ:伝統芸能(TOKYO Web))
襲名スタート、手応えを感じたようです。

ブログ アーカイブ