2018年2月16日金曜日

<新かぶき彩時記>弁慶にロマンスあり? 勧進帳「人目の関」

優美な曲調にふさわしい色気がありますが、能の原曲にこのくだりはありません。そこで連想されるのが「弁慶上使(じょうし)」という別の歌舞伎作品。弁慶は若い頃、一度だけ添い寝した女性がいたという伝説をふまえたもので、おわさという女性と彼女が身ごもった娘が成長し、弁慶と再会するという内容。いかめしい弁慶に、ちょっぴり色気を添えるセンスは歌舞伎共通です。(東京新聞:<新かぶき彩時記>弁慶にロマンスあり? 勧進帳「人目の関」:伝統芸能(TOKYO Web))
~一度まみえし女さえ 迷いの道の関越えて 今またここに越えかぬる。人目の関のやるせなや~
ここの長唄はとても良いんですよ。素の演奏で聴いてみて下さい。