2018年2月8日木曜日

小玉祥子の劇評 2018年2月 歌舞伎座

幸四郎の大蔵卿は、偽りの愚かさから正気に戻っての「若年よりの作り阿呆(あほう)」のセリフに過去への思いがにじみ、悲しさとりりしさがある。(歌舞伎:二月大歌舞伎 幸四郎の大蔵卿りりしく=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

ブログ アーカイブ