2018年3月16日金曜日

矢内賢二の劇評 2018年3月 歌舞伎座

新派と歌舞伎は単純に連結できるわけではないが、新派の演目を歌舞伎で上演することは双方に良い刺激となる。(東京新聞:<評>歌舞伎座「三月大歌舞伎」 新派の「白糸」上演、刺激に:伝統芸能(TOKYO Web))
かつて、玉三郎が鏡花月間と称して、7月1ヶ月鏡花作品を取り上げました。なかなか面白い企画で、歌舞伎でも新派作品を演じられると思いました。今回の滝の白糸を機に壱太郎・松也で他の作品を手がけたら良いのではと思います。

ブログ アーカイブ