2018年3月11日日曜日

白鸚、幸四郎が語る「六月博多座大歌舞伎」襲名披露

「千穐楽に明日もやりたいと、これほど思ったものはありません。毎日踊っていたいと思うくらい大好きですが、これほど苦しい踊りはない」、と幸四郎が言ったのは『春興鏡獅子』。前シテの弥生と、後ジテの獅子の精、「私は2役、まったく違うものとして勤めます。どれだけきっちり弥生で踊れるか、後ジテはどれだけ力強く大きく踊れるか」の苦しさに加え、襲名披露狂言としてのプレッシャー。まさに、本人の襲名披露のテーマである「大変なこと」に間違いありません。(白鸚、幸四郎が語る「六月博多座大歌舞伎」襲名披露 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
博多座の演目ワクワクします。幸四郎が自ら選んだ究極の選択です。