2018年3月11日日曜日

渡辺保の劇評 2018年3月 国立劇場


菊之助初役の髪結新三。どうなるだろうかと思うのはだれしも同じだろう。 その結果、手っ取り早くいえば、序幕白子屋の店先が飛びぬけて面白い。しか しそれから先がいけない。どういけないかは後で詳しく触れよう。まず序幕の 大出来である。(2018年3月国立劇場)
このお芝居は登場人物全員が作っていくものだと感じました。鰹売の菊十郎、車力の善八の秀調など秀逸でした。菊之助の新三にはまわりも育っていかないと成立しないのではと思いました。江戸の風を感じられる日がいつか来て欲しいです。