2018年3月31日土曜日

鏡花と新派と共に生きた弥生、そして 二人の ” 太夫 “(壱太郎ブログ)

なんて素敵な作品に出会えたんだろうか! まさに答えのない芝居。 写実でファンタジーな美しき世界。 玉三郎のおじさまに感謝し、 泉鏡花 そして 新派との出会いにありがとう。(中村壱太郎 Official Website : blog)
壱太郎さんの思いが伝わってくる舞台でした。卯月も大いに悩んで演じて下さい。