2018年3月26日月曜日

小玉祥子の劇評 2018年3月 国立劇場

続いて「髪結新三」。菊之助の新三は時代と世話の使い分けがきき、売り出しをはかる小悪党らしいさっそうぶりと抜け目のなさを感じさせる。だまして連れ出したお熊(梅丸)を見る目つきには色気を見せた。(歌舞伎:「増補忠臣蔵」「髪結新三」 小悪党さっそうと=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

ブログ アーカイブ