2018年3月14日水曜日

長谷部浩の劇評 2018年3月 国立劇場

音羽屋の御曹司として、世話物の立役に挑んでいく入口で、相応の結果がでた。中村屋の系統の上州無宿としての新三ではなく、江戸の粋を体現した存在としての新三として狂いがない。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
回を重ねていくと、粋な新三に成り切れると思います。