2018年4月10日火曜日

天野道映の劇評 2018年4月 歌舞伎座

犠牲者は他にも多く、筋は一見複雑に見える。しかし犠牲者には初めから明確なリストがあって、だれも逃れられない。真に恐るべきは大学之助、太平次の個人の悪ではなく、リストを精密機械の正確さで実行していく大きな意思――権力の意思にほかならない。南北は我らの同時代人である。((評・舞台)歌舞伎座「四月大歌舞伎」 真に恐るべきは権力の意思:朝日新聞デジタル)
上方役者の仁左衛門、近松より南北の作品に魅力を感じます。

ブログ アーカイブ