2018年4月10日火曜日

長谷部浩の劇評 2018年4月 歌舞伎座夜の部

二枚目役者はこれからも出るだろう。けれど心のなかに氷のような冷たさを感じさせる巨悪と、その愛嬌で人をひきつける小悪党を二役で演じて破綻のない役者はそうそう得られるものではない。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
まだまだ大丈夫なのでは?と思ってしまいますが、今回の切れ味が最高と心に残ってみると、仁左衛門の決心は首肯けると思います。

ブログ アーカイブ