2018年4月9日月曜日

小玉祥子の劇評 2018年4月 歌舞伎座

菊五郎が武家の仁木、町人の小助の悪役2役を演じ分ける。世話のいい善人面をした小助が悪事をなす際のひょう変ぶりが見ものだ。
仁左衛門が大名の一門の左枝大学之助と町人の立場(たてば)の太平次の2役で悪の魅力を発散する。(歌舞伎:四月大歌舞伎 仁左衛門、2役で悪の魅力=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

ブログ アーカイブ