2018年5月13日日曜日

白鸚、幸四郎が語る大阪松竹座「七月大歌舞伎」

三代同時襲名を「僕のなかでは奇跡」と白鸚が言えば、「現役として舞台に立ち続けることでその可能性が出てくる、つまり、父自身が奇跡の存在」と幸四郎。「倅(八代目染五郎)も芝居が好きで、目標や憧れを持つ世界だと感じ、歌舞伎俳優として生きる覚悟を持ってくれている。それをかみしめながら、舞台に対していこうと思います」。(白鸚、幸四郎が語る大阪松竹座「七月大歌舞伎」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

ブログ アーカイブ