2018年6月9日土曜日

長谷部浩の劇評 2018年6月 歌舞伎座昼の部

具体的に言えば、顔で踊らず、全身が躍動している。こってりとしていながら、愛嬌が加わる。美貌、美声に恵まれた俳優だけに、愛嬌が課題だったが、この『文屋』で得た成果を、芝居のほうに活かせれば、単に『六歌仙容彩』通しの下ならしに終わらない。今月の収獲である。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory: 【劇評111】時蔵、花の盛り。菊之助の愛嬌)
先月の喜撰でも感じましたが、顔で表現しないで身体を充分に使って表現しています。歌舞伎舞踊の面白さはココです。かなり稽古を積まないと出来ません。