2018年7月15日日曜日

渡辺保の劇評 2018年7月 歌舞伎座夜の部

源氏が「光」と「闇」の間に生きているという視点は面白いが、オペラ歌手 二人に「光」と「闇」を担当させるのも、ようやくここまで来てわかるのでは 困るし、藤壺が一切出ないために源氏の喪失感が出ないのも残念である。(2018年7月歌舞伎座夜の部)
藤壺、紫の上不在の源氏物語とは無理があるのではないでしょうか。