2018年7月20日金曜日

矢内賢二の劇評 2018年7月 歌舞伎座・国立劇場

明智光秀の子、重次郎が切腹する「松下嘉兵衛住家の場」は、奴姿で登場する海老蔵の秀吉をはじめ、中村雀右衛門の皐月(さつき)、中村東蔵の嘉兵衛妻呉竹、片岡市蔵の伍助、中村児太郎の秀吉女房八重がよく、見ごたえのある芝居らしい一幕。(東京新聞:<評>歌舞伎座の三國無雙瓢箪久 見ごたえある一幕に:伝統芸能(TOKYO Web))
役者も揃い充実の一幕でした。