2018年7月19日木曜日

畑律江の劇評 2018年7月 大阪松竹座

監修は仁左衛門。仁左衛門が演じた与兵衛は殺しの悪に没入していく妖しい美しさが鮮烈だったが、幸四郎はもう少し身近な印象。プライドと際限のない甘えが同居する若者像で、これもまた与兵衛だと思える。金策が尽き、「誰ぞ(金を)落としそうなもんじゃ」と独白するあたり、上方らしい表現で面白い。(舞台評:七月大歌舞伎 二代目松本白鸚・十代目松本幸四郎襲名披露 名を背負う責任感と気迫 - 毎日新聞)