2018年7月14日土曜日

右近、多彩な語り カブキ・チューン NHKFM

歌舞伎の魅力をカジュアルに伝える番組とあって、長唄や清元(きよもと)など多様な楽曲や、箏や尺八など奏者の紹介も欠かせない。豊富な知識に加え、分かりやすい解説も必要だ。例えば、清元の名作「鳥羽絵」を流した際は「漫画をそのまま踊りにしたような、しゃれっ気のある曲。歌詞は“歌う落語”のよう」と巧みな比喩を交え解説した。(東京新聞:右近、多彩な語り カブキ・チューン NHKFM:伝統芸能(TOKYO Web))
毎回、清元の演奏が聞けるので嬉しい限りです。ご家族のお話も面白く、きょうはお兄さんが気に入ってペットショップからうさぎを買ってきて飼い始めたそう、ワンピースのルフイーの時だったのでルフイーにしようかと思ったが、メスなのでルビーちゃんと名付けたそうです。とても親近感あるトークで楽しいです。