2018年7月28日土曜日

歌昇、種之助が勉強会 兄弟で大作に挑む

播磨屋一門を率いる中村吉右衛門の監修。歌昇は常磐津の舞踊劇「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)(関(せき)の扉(と))」で、主役の関守関兵衛(実は大伴黒主)をつとめる。「重い衣装で、振りも一時間半の大作。立役(たちやく)の先輩方も体力的に一番大変と口をそろえる。ぜひ挑戦してみたかった」と決意を明かす。「前半の関守から後半の黒主。踊り、キャラクターの演じ分けが面白く、やりがいがある。せりふは吉右衛門のおじさまからしっかり学びたい」(東京新聞:歌昇、種之助が勉強会 兄弟で大作に挑む 4、5日に国立小劇場:伝統芸能(TOKYO Web))