2018年7月19日木曜日

「猿翁アーカイブにみる三代目市川猿之助の世界」第三回フォーラム ~『奥州安達原』にみる古典の新演出~

三代目市川猿之助(二代目猿翁)さんから京都造形芸術大学に寄贈いただいた 貴重な歌舞伎関係資料をもとに、三代目猿之助の軌跡をたどるフォーラムの3回目。 今回は「古典の新演出」をキーワードに、『奥州安達原』を取り上げ、 三代目猿之助が渾身の力を注ぎ続けた<伝承>と<創造>について考えます。(~『奥州安達原』にみる古典の新演出~ – 京都芸術劇場 春秋座 studio21)
9月23日(日)14:00 会場:春秋座
プログラム 第一部 
『奥州安達原』ダイジェスト映像上映と解説 ゲスト:石川耕士(脚本家)
第二部 
三代目猿之助の、古典への取組 ゲスト:水落潔(演劇評論家)
入場料 無料(往復はがきにてお申込み下さい) *申込多数の場合は抽選とさせていただきます

【申込〆切】 2018年7月31日(火)必着 ※申込多数の場合は抽選とさせていただきます 指定席 定員500名