2018年7月28日土曜日

巳之助、隼人『NARUTO -ナルト-』への思い

歌舞伎との親和性が高いのではといわれている漫画ですが、実際には原作で歌舞伎をモチーフにした箇所は数えるほどしかありません。「台本を読んでも、歌舞伎らしさは感じないと思います。立廻りや道具、衣裳、効果音、ツケ、そういった部分に歌舞伎の要素が入ってきて」(巳之助)、歌舞伎として立ち上がってくる舞台。そこで、「歌舞伎俳優が現代語でしゃべっても、せりふを粒だてたり、抑揚や癖がついているので、普通のストレートプレイにはならない」(隼人)。二人は稽古を通じての実感を率直に語りました。(巳之助、隼人『NARUTO -ナルト-』への思い | 歌舞伎美人(かぶきびと))