2018年8月15日水曜日

渡辺保の劇評 2018年8月 歌舞伎座

南北の戯曲が生きたのは織田絃二の演出の よさである。織田絃二は筋書きで「三五大切」復活第一回の郡司正勝の補綴演 出の意図を改めて振り返ったという(「初心忘るべからず」)。おそらくこの原点見直しが戯曲の面白さをストレートに出したのであろう。(2018年8月歌舞伎座)
幸四郎の三五郎と七之助の小万で見たかったです。
龍虎で隈取をマスクで済ますのはいただけない。動きとスピードだけの舞踊劇では、全く感動がない。