2018年8月19日日曜日

第1回「古典芸能を未来へ~至高の芸と継承者」 尾上流に焦点、一家勢ぞろい

「今の尾上流の力を結集し、子供を活躍させ、継承につなげたい」と菊之丞。物語は、孫世代3人がさらわれるも、鞍馬(くらま)の大天狗(てんぐ)(菊五郎)に救われ、思いを未来につなげる展開。母の常盤御前を演じる菊之助は、「日本舞踊ほど、一つの動きに意味が込められた踊りはない」と日舞の魅力を語っていた。(第1回「古典芸能を未来へ~至高の芸と継承者」 尾上流に焦点、一家勢ぞろい - 産経ニュース)
芸の継承、大事なことですし、御子達も小さい頃から舞台を経験するのは良いことです。