2018年8月10日金曜日

渡辺保の劇評 2018年8月 双蝶会

まず第一に振りの意味がすみずみまでよく研究されていて、体いっぱいの動 きで振りの意味が実によくわかる。わかりやすいのは楷書できちんとしている からである。その上にキビキビとして間がよく、キッパリしている。  さらに私が感心したのは、せりふといい、動きといい、古怪な大きさがある こと。今日関兵衛は吉右衛門第一の当たり芸であるが、その吉右衛門の芸をよ く取っている。教えも教え、覚えも覚え、この古怪なところを出したのは大手 柄。踊りに限らず芝居は性根が第一、第二にその作品の風格が大事である。そ の風格を歌昇がうまく採っているのが大手柄という理由である。(2018年8月国立小劇場)
教えも教え、覚えも覚え・・・芸の継承のお手本のようです。