2018年8月20日月曜日

天野道映の劇評 2018年8月 歌舞伎座

終幕の哀感は、源氏が洛西野宮(ののみや)に御息所を訪ねる「賢木(さかき)の巻」に重なる。扇雀は鋭い感性を品性で包み、初演の七代目梅幸を思わせる名演である。((評・舞台)歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」 先を見通せぬ社会で人間は…:朝日新聞デジタル)
源氏と重ねて考えるとは~?