2018年9月10日月曜日

長谷部浩の劇評 2018年9月 歌舞伎座「幽玄」

日本舞踊は身体の緊張感によって成り立っている。これまでも身体的に早く敏捷には踊れなくても、最小限の動きのなかで、緊張感を作りだす名人の舞踊を数々観てきた。玉三郎はもう、その域にいる歌舞伎役者である。踊りに生涯を賭けてきた名人としての舞台をこれからは期待したい。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
所詮、佐渡太鼓の鼓童の世界との融和は難しいと思います。