2018年9月3日月曜日

歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」初日開幕

そして、東吉が救い出す慶寿院尼で、4年10カ月ぶりに歌舞伎座に戻ってきた福助を迎えたのは、客席からの万雷の拍手。その拍手の大きさが、待ちわびたお客様の心情をよく表していました。「春永が迎いとや」のせりふから竹本との掛け合いも息ぴったり、「さらば、久吉」で楼閣の幕が降りると、再び力いっぱいの拍手が贈られました。(歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」初日開幕 | 歌舞伎美人(かぶきびと))