2018年9月8日土曜日

渡辺保の劇評 2018年9月 歌舞伎座昼の部

例の「悪に強きは」のせりふも、たとえば「とんだ ところへ北村大膳」を「とんだところへ、キタ、ムラ大膳」と切って、「来た」 と「北」の掛詞の意味を丁寧によく行き届かせている上に、「忍が岡」と「帰 られねえ」、「十八万石に傷がつくぜ」の凄味が、序幕の闇社会を思わせてい い。壮快そのもので一挙に溜飲が下がった。
実に小気味よい運びで黙阿弥のお芝居の面白さが倍増します。
この「金閣寺」で病気だった福助が慶寿院で復活したのはめでたい。いくら かふっくらとして元気な姿を見てホッとした。器量に昔に変わらず、音声はむ しろ澄んでよく、右手が不自由なのは仕方がないが、左手を十分に使って経巻 をもった芝居が丁寧でいい。(2018年9月歌舞伎座昼の部)