2018年9月3日月曜日

海老蔵さん 華麗なる衣装…12日まで成田で展示

成田市の成田山新勝寺とゆかりが深く、「成田屋」の屋号を名乗る市川宗家の歌舞伎俳優・市川海老蔵さん(40)の衣装展が1日、同市文化芸術センターで始まった。12日まで。  今年で3回目。新勝寺の開基1080年を記念して、海老蔵さんが5月に演じた「雷神不動北山桜なるかみふどうきたやまざくら」の鳴神上人や、長男の堀越勸玄かんげんちゃん(5)が7月に演じた「源氏物語」の光の君など、公演で実際に着用した14着が展示されている。雨音やカエルの鳴き声などの擬音を出す小道具を手にとって体験することもできる。(海老蔵さん 華麗なる衣装…12日まで成田で展示 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE))
間近で見ると、細かい模様や色目などよく分かります。勸玄ちゃんの衣装も展示されるんですね。