2018年9月3日月曜日

新橋演舞場『オセロー』初日、芝翫の意気込み

芝翫にとっては特別な初日でもありました。父の七世芝翫が最後の舞台に立ったのが、平成23(2011)年の新橋演舞場公演の初日、9月1日。その7年後の9月2日に新橋演舞場の舞台に立ったのが、八代目芝翫。「なんとなく芝翫の魂が入れ替わったような気がして。今回はそのときの父の楽屋に入れさせていただいています。そして、今日は歌舞伎座で兄(福助)が舞台復帰。9月2日は忘れられない日」。込み上げるものを抑えるように、「とにかく演舞場に足を運んでご覧いただきたい」と笑顔とともに締めくくりました。(新橋演舞場『オセロー』初日、芝翫の意気込み | 歌舞伎美人(かぶきびと))