2018年10月19日金曜日

矢内賢二の劇評 2018年10月 歌舞伎座

夜の部の「助六曲輪初花桜(すけろくくるわのはつざくら)」は片岡仁左衛門の助六。荒事を的確に表現しつつ姿がまことに美しく、しかも紙衣になってからの柔らか味が独特。中村七之助初役の揚巻はキリリとした意気地が快い。中村又五郎のくわんぺら門兵衛が手強(てづよ)さと滑稽味、明瞭なせりふで好演。坂東玉三郎の母満江、歌六の意休、巳之助の朝顔仙平、中村児太郎の白玉。(東京新聞:<評>荒事を的確に美しく 歌舞伎座「十月大歌舞伎」:伝統芸能(TOKYO Web))
紙衣は実にシックリきますね。