2018年10月26日金曜日

仁左衛門が文化功労者に選出

文化功労者となったからといって何も変わることなく、「古典物の掘り下げ、演技法の掘り下げをしていく。掘り下げることで芝居の新しい魅力を、歌舞伎をご存じない方々に伝えたい。その努力をするのが一番。ですから、死ぬまで修業」。常に挑戦の姿勢を崩さず、どの役にも命がけで臨むという仁左衛門は、自分の言葉「不逆流生」を引いて、これまでもこれからも、流れに逆らうことなく流れに乗り、その流れを生かしていくと、穏やかな笑みをたたえました。(仁左衛門が文化功労者に選出 | 歌舞伎美人(かぶきびと))