2018年11月15日木曜日

勘三郎が遺した夢の城

劇場には、そこで汗を流した人々の気配がずっと宿り続けるような気がする。先月追善興行のあった建て替え後の歌舞伎座に勘三郎は立てなかった。それだけに、彼の置き土産である中村座を守る人々がいることに、観客のひとりとして感謝したい。((響)勘三郎が遺した夢の城:朝日新聞デジタル)