2018年11月16日金曜日

矢内賢二の劇評 2018年11月 歌舞伎座

「隅田川続(ごにちの) 俤(おもかげ)」では市川猿之助が初役で法界坊を演じる。所作事の「双面水澤瀉(ふたおもてみずにおもだか)」が、女形らしい古風な色気、男女の亡霊が一体となって現れるグロテスクさで一番のおもしろさ。法界坊は持ち前の怜悧(れいり)な匂いを生かして、愛嬌(あいきょう)よりも悪に比重をおいた造形。(東京新聞:<評>怜悧な猿之助 歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」:伝統芸能(TOKYO Web))