2018年11月17日土曜日

石井啓夫の劇評 2018年11月 歌舞伎座

昼の部、「十六夜(いざよい)清心」が楽しめる。遊女十六夜(時蔵)との仲が知れ、寺を追放された修行僧の清心(菊五郎)。月夜の川べりで偶然出会う2人。いちずな恋心を吐露する十六夜と、将来の不安を理由に廓(くるわ)に帰るよう説得する清心。思い余っておなかに清心の子を宿していると告げる十六夜…。今風に言えば、甘い痴話げんかのようなさまに、清元の名曲「梅柳中宵月(うめやなぎなかもよいづき)」がかぶる。(【鑑賞眼】歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」 遊女と修行僧の恋路 - 産経ニュース)