2018年11月22日木曜日

尾上菊五郎、中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助が 公演への意気込みを語りました

毎年、12月はお芝居をお休みして初春のお芝居に取り組んでいて、“物を創るしんどさ”を味わっています。復活物には、今まで歌舞伎を勤めてきて蓄積された“引き出し”を開けながら、仲間で一つのお芝居を創っていく楽しさと苦しさがあります。  お客様に楽しんでいただけるようなアイディアを考えていますので、ぜひご期待ください。
今回は菊之助さんと夫婦の役です。兄弟、恋人、敵同士、さらには親子と、様々な役を一緒にやっていますから土台もできていて、稽古に入ればすっとその役に入れるという感覚があります。二人でじっくりとお芝居をするのは久しぶりですので、僕自身楽しみにしています。(【初春歌舞伎】扮装写真を公開!| 国立劇場歌舞伎情報サイト | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)