2018年11月16日金曜日

<新かぶき彩時記>「蘭平物狂」の大乱闘 ユニークな発想の作品

後半では、蘭平と大勢の捕り手が大乱闘。はしごや戸板を使った動きは、昭和の名タテ師・坂東八重之助の考案。戦後に二世尾上松緑が復活させた作品で、捕り手とのチームワークが不可欠です。繁蔵を愛する蘭平の苦悩も見どころで、最後は行平と和解しますが、ユニークな発想の作品です。(東京新聞:<新かぶき彩時記>「蘭平物狂」の大乱闘 ユニークな発想の作品:伝統芸能(TOKYO Web))
二代目松緑から初代辰之助、当代松緑と音羽屋のお家芸になっています。