2018年11月15日木曜日

長谷部浩の劇評 2018年11月 歌舞伎座夜の部

 大喜利となってから、猿之助は法界坊の霊と野分姫の霊を勤めるが、女方の様子がいい。渡し守おしづは雀右衛門で、右近のおくみと猿之助のあいだを捌く貫禄に満ちている。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
女形が出来る役者さんが勤めるのがベスト。右近、隼人、巳之助、種之助、弘太郎等猿之助の薫陶を受けている役者の多いのは頼もしいです。