2018年12月14日金曜日

平成30年度「大谷竹次郎賞」選考結果のお知らせ

「歌舞伎俳優によって上演された新作の歌舞伎および歌舞伎舞踊の脚本を対象とし、娯楽性に富んだ優れた歌舞伎脚本に贈る」ために、今年も1月から12月に上演された新作の脚本をとり上げ、水落 潔、平岩弓枝、齋藤雅文、古井戸秀夫、大谷信義、安孫子正の6名の選考委員が、厳正なる審査を行いました。その結果、平成30年度は、残念ながら該当作品なしとの発表に至りました。(平成30年度「大谷竹次郎賞」選考結果のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))