2018年12月18日火曜日

梅枝&児太郎 阿古屋で名乗り出た“歌舞伎座の立女形”の道(中川右介)

話題の小説、吉田修一著「国宝」(朝日新聞出版)は歌舞伎界を舞台としたもので、阿古屋をめぐる物語でもある。この本と今月の歌舞伎座は、偶然にも虚実のメディアミックスとなっている。読んでから見てもいいし、見てから読むのでもいい。読めば面白さが倍増する。((3ページ目)【香川照之】梅枝&児太郎 阿古屋で名乗り出た“歌舞伎座の立女形”の道|日刊ゲンダイDIGITAL)