2018年12月7日金曜日

<新かぶき彩時記>「忠臣蔵」工夫いっぱい 書きものの宝庫

同じく「七段目」で、由良之助が縁側で読む仇討ちの密書は最長クラス。垂れてきた密書を、縁の下のスパイ・斧(おの)九太夫が盗み読みますが、形良く垂らすため紙の端に重りの棒が入っています。途中でちぎれる演出なので、毎日長文を書いて作るのも大変です。(東京新聞:<新かぶき彩時記>「忠臣蔵」工夫いっぱい 書きものの宝庫:伝統芸能(TOKYO Web))