2018年12月21日金曜日

児玉竜一の劇評 2018年12月 国立劇場

足利館に贋(にせ)勅使となって乗り込み、そこで出会う幼馴染(なじ)みが真柴久吉(羽柴秀吉にあたる)となる。やがて、葛籠(つづら)を背負って去ってゆくのが宙乗りの見せ場だが、以上すべてが五右衛門の夢だった、というのが今回の趣向。90年ぶりに復活された「木屋町二階」は、五右衛門と巡礼姿の久吉で、11月歌舞伎座でも上演された「楼門」を、世話に見立てるパロディーで面白い。胸を借りる形の尾上菊之助の久吉には、華がある。((評・舞台)国立劇場「通し狂言 増補双級巴―石川五右衛門―」 衣鉢を継ぎ、真骨頂:朝日新聞デジタル)