2018年12月12日水曜日

ありがとう(壱太郎ブログ)

そして南北の台詞の難しさ・・・・・ リアルだけれど現代的ではない、 時代なところも世話のアクセントが潜んでいる、 頭で理解することと、体現することは違う。   後半のテーマは、「 技能 と 技量 」。(中村壱太郎 Official Website : blog)
歌舞伎座という大舞台で師走の公演でシンを勤めたことは、後の財産になることでしょう。